残価設定ローンでBMWを購入

先日BMWの320iを購入しました。

今までは在庫車と言って、見込みの需要でディーラーがあらかじめオーダーしていた車を購入する事が多かったのですが、BMWの場合はオプションを豊富につける事が可能でしたので、思い切って本国にオーダーを入れる形で購入する事にしました。

導入したオプションは強化ブレーキ、フロントシートのシートヒーター、フロントのクリアランスソナー、自動調整機能付きのサスペンションです。

これらのオプションで約30万円くらいになりました。また、車の色もオプションのメタリックカラーにしましたので8万円ほどかかりました。

通常車を購入するときには一時金として10万円程度を振り込めば良いのですが、本国にオーダーを入れる場合は、5%の前金を要求されました。

このような前金は、キャンセルを防ぐためのものらしく本当は払わなくても良いという話も聞きますが、前金なしで受けてくれる所を探すのも面倒でしたので、前金を払って購入する事にしました。

結局、購入の総額は520万円程度になりました。私は頭金を150万円位入れ残りを残価設定ローンにしました。

これは、最終回の支払いに車両の数10%の支払いを一気にする事にして、残りを均等割にするという払い方です。

前に乗っていたゴルフのときには残価設定は50万でしたが、BMWは150万の設定でした。

支払いは月々27,000円、ボーナス10万の支払いを60回のローンでくみました。

60回の最終回には150万払って自分のものにするか、乗り換えるか、残りを再ローンするかの選択になりますが、車のローンは最長7年と決まっており、購入するには150万を24回で返さなければならなくなり、結構苦しいのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です